サスペンス・ミステリー海外ドラマ

刑事マードッグの捜査ファイルの無料動画は?あらすじや感想は?

更新日:

科学捜査の初歩ともいうべき、指紋や血液検査などを取り入れて、事件を解決してしていくストーリー!

ニコラ・テスラ、コナン・ドイル等、歴史上の人物がゲストで出演、捜査のヒントになったり・・・!いい迷惑になったりと楽しいアクセントになっています♪

舞台は19世紀、イギリスの植民地だった当時のカナダ、馬車や騎馬警官と、蒸気機関や自動車が入り混じった時代の警察の一話完結物のドラマです。

 

刑事マードックの捜査ファイルとは?

電気や蒸気が生活に入り始めた時代のカナダを舞台に、物理や化学の手法を捜査に取り入れていく作品!

被害者や間違えてとらえられた容疑者に寄り添う人情あふれる刑事マードックの事件の解決と、じれったいような検視官の女性との恋模様も見どころです。

 

刑事マードックの捜査ファイル 作品概要

初回放送日:2008年1月20日~2008年4月13日

エピソード数:13話(吹き替え○)

ジャンル:ミステリー

製作総指揮・脚本・監督:スコット・ガーヴィー、クリスティーナ・ジェニングス

 

刑事マードックの捜査ファイルの予告動画

主な登場人物(キャスト)/解説

・ウィリアム・マードック/演:ヤニック・ビッソン/日本語吹き替え:森田 順平

生真面目な性格のトロント警察第4分署の刑事。好奇心旺盛で、物理・科学に強く、見たものを覚えてしまう、直観像記憶という能力がその優秀さをさらに確固たるものとしています。

指紋や足跡、さらには血液検査など、当時はまだ敬遠される操作方法で初めにつかまってしまう無実の容疑者を助けるので、上司と衝突することも多いです。絶縁状態の父は困った酒のみの元船乗り、兄は騎馬警官。

 

・ジュリア・オグデン/演:ヘレナ・ジョイ/日本語吹き替え:世戸 さおり

美しく聡明なトロント警察の検視官。まだまだ男性社会の強いトロントにおいて女性でしっかりと自立した女性。こわもての警察官などにも臆することなくはなし、マードックにも、専門的な立場から証拠を見つけたり、アドバイスなどをして捜査のおおきな助けになります。マードックの恋のお相手。

 

・ジョージ・クラブツリー巡査/演:ジョニー・ハリス/日本語吹き替え:石上 裕一

おっちょこちょいで、先走ったりしてしまうものの、よく気が付き、マードックの助手のような存在。

 

・トーマス・ブラッケンリード警部/演:トーマス・クレイグ/日本語吹き替え:ふくまつ進紗

マードックの上司。頭が固く、人種や身分に偏見が残るため、マードックの捜査と対立することが多い。早い段階で、状況証拠などにとらわれ、真犯人の思惑通りの間違った容疑者を逮捕することが多い。

 

刑事マードックの捜査ファイルのあらすじ・ネタバレ・結末

※この先刑事マードックの捜査ファイルのあらすじとネタバレ、結末になります。

刑事マードックの捜査ファイル(前編)

 カナダ、トロントの町中を自転車に乗った男性が横切っています。通りの向こうでは大きな催しがあるようです。街灯をこれまでの直流から交流へと変わってしまいそうになった直流の電力会社の社長が、犬を実験台にして交流発電の危険性を継承しようとしていました。

しかし犬に電流は流れず、スイッチを引いた女性が感電死してしまいます。

自転車の人物はトロント警察第四分署の刑事ウィリアム・マードックです。検視官、ジュリア・オグデン医師とともに、催しを見に来ていました。機械に細工されていたのを発見し、事故ではなく殺人事件であると捜査を始めます。

亡くなった女性は妊娠していたことも検視によりわかります。直流発電会社の技術担当者は、交流電力の発明者、ニコラ・テスラを疑います。

ただ、自分の発明を失敗させるというのは考えにくいです。ニコラ・テスラを尊敬しているマードックは、捜査の協力をお願いすると、なんと二人で盗聴器を作って、最終的に、盗聴器で録音した証拠があるのでと追い詰め、自白させます。

また、時代的に、宗教が色濃く残り、良心の呵責により罪を告白させる、とか、同性愛やコナン・ドイルの出演会には降霊術(なんと死んでしまったかつての彼女とも会話してしまいます)など、マードック自身、カトリック教徒なため、自分の信仰が信じられなくなってくるようなこともあります。

科学捜査的なものとしては、ボクサーが射殺された事件では、血液の飛散の実験をしました。しかし、それが容疑者の女性の疑いを晴らすほどの証拠になってくれません。

署内でウソ発見器の実験をしてみたり、マードックの上司宛にある事件の関係者の死体が送られてきた事件では検視で死亡時間の確定がされ、湖で遺体が見つかった事件では、犯人の隠ぺい工作で、オールに血痕を付けたのを、乾いていないことから、誰かに仕立て上げられたことを推理します。

 

刑事マードックの捜査ファイル(後編)

ニカワ工場の社長で、イギリスから来た貧しい子供たちのための施設を支援していた社長が殺されてしまった事件では、足跡から大人ではなく子供がかかわっていると判断したり、モンタージュで似顔絵を作ったりします。

マードックが科学捜査で証拠が第一の冷たい人間かというと、そうではなく、間違えて連れてこられた容疑者の疑いを晴らすためにいろいろな方法を使う、といった、人情に篤い、誰にでも平等に優しい青年です。

美しい女性検視官、ジュリア・オグデン医師の、優秀で的確な検視、明晰な頭脳にマードックは心惹かれます。しかし、時代も時代ですし、マードック自身敬虔なカトリックです。

もう、どう見ても意気投合、いいカップルなのに、じれったいじれったい…

歴史上の人物が出てきておいしいところを持っていきます。前述のとおり、初回にニコラ・テスラが出て、盗聴器をつくったり、コナン・ドイルは、降霊会のほかに、腹話術氏の父親が殺された回にマードックを取材させてくれとやってきたりもして推理に立ち回りと、マードックはちょっと迷惑そうだったりもします。

また、イギリス本国からアルフレッド王子がやってきて、護衛を引き受けるというのもありました。

長い間絶縁状態であった父、ハリー・マードックが、殺人の容疑者として自分の前に来たうえ、その捜査を担当させられてしまいます…西部劇で保安官が一人しかいないならまだしも、実の親が容疑者の事件を息子がするのは今では考えられませんし、本人も無理だといっているのに上司がやれなんて…とおもったりもします。

いくつかそんな違和感がないわけではないですが、それも時代かなと思わせてしまうドラマです。

最後はなんと火星!?高い木に首を吊った死体が見つかったけれど、周囲に足跡がありません。捜査すると、被害者は火星人に狙われていると思い込んでいたらしく…マードックたちは彼の倉庫を張り込んでいると……

え?ほんとだったの?夢???というオチで1シーズンは終わります。

刑事マードッグの捜査ファイルを見た感想

日本でも放送された「F・B・EYE!相棒犬リーと女性捜査官スーの感動!事件簿」に出ていた、FBI捜査官ジャック役の、眉毛の濃いまつ毛バシバシの、真面目そうなヤニック・ビッソンが主人公の、これまた馬鹿が付くほど真面目な捜査官のお話です♪

イギリスの植民地時代のカナダ、トロントが舞台ですが、イメージはシャーロック・ホームズです。

紳士は外では帽子をかぶり、女性をエスコートして歩く時代です。初期の科学捜査をとりいれて、難事件を解決していきます。シャーロック・ホームズの時代のCSIですね。それも、証拠として取り上げられるべき科学捜査の結果も、まだまだ信じてもらえない時代です、

ある意味人情に訴えて解決に導くといった回もあります。

検視官ジュリア・オグデン医師との恋模様、トロント第4分署の早とちり上司や、お茶目な部下との掛け合いも楽しいです。

 

 

刑事マードックの無料動画が見れるサイトはこちら!

今ならU-NEXTで見ると、刑事マードックの捜査ファイルの作品が31日間無料です。

「今すぐ見たい!」という人は無料登録しましょう!

>>刑事マードッグ捜査ファイル動画はこちら

 

【U-NEXTの評判まとめ】本当に月額サービス利用料金は無料?

-サスペンス・ミステリー海外ドラマ

Copyright© 【海外ドラマ無料サイト】動画で吹き替え・字幕の視聴方法とは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.