SF海外ドラマ

ウェアハウス13(シーズン4)の無料動画は?あらすじやネタバレ情報

更新日:

遺物の秘密も威力も知り尽くした難敵が立て続けに現れ、今回こそは万事休す!?

人々の強い念から生み出された超常現象を引き起こす「遺物」の回収の任務に就く4人の敏腕捜査官達。

今回もドタバタお騒がせ騒動を巻き起こしながら、世界の平和を守るため大奮闘!前シーズンでH・Gの命と引き替えに、爆破から命拾いしたピート・マイカ・アーティ。

第13倉庫が失われた世界は想像を絶する危機に陥ってしまい、仲間達も犠牲になっていく。

SFサスペンスながらコメディのような展開で大人気のドラマ。今シーズンもドタバタぶりはそのままに、2度も世界の危機に陥ります!

 

ウェアハウス13  シーズン4 作品概要

初回放送日:2012年7月23日-2013年7月8日

エピソード数:20(字幕・吹き替え版○)

ジャンル:SFサスペンス

製作総指揮・脚本・監督:ジャック・ケニー ジャック・ケニー 、 ドリュー・Z・グリーンバーグ 、 マーク・ワインメイカー

ウェアハウス13 シーズン4の予告動画

主な登場人物(キャスト)/解説

・ピート・ラティマー/演:エディ・マクリントック/日本語吹き替え:根本泰彦
シークレットサービス 捜査官相棒のマイカ曰く精神年齢11歳。目立ちたがりで女性大好き。いつでもギャグやジョークを口にしてしまい、空気を読めない場面もあるが、誰より情に熱い敏腕捜査官。

・マイカ・ベリング/演:ジョアンヌ・ケリー/日本語吹き替え:魏涼子
シークレットサービス 捜査官聡明で状況分析能力も高い、様々な言語に長けている。真面目な性格だが、ピートのジョークに乗ったり、おちゃらける一面も持つ。

・アーティー・ニールセン/演:ソウル・ルビネック/日本語吹き替え:麦人
倉庫の管理人
頑固で怒りっぽいが、メンバーには家族的な愛情を持つ。かれこれ30年以上を倉庫の管理に人勢を捧げている。

・リーナ/演:ジェネル・ウィリアムズ/日本語吹き替え:小林未沙
倉庫とメンバーの世話をしてくれる皆んなのお母さん的存在。スピリチャルなパワーを持ち、倉庫との会話ができる。

・クローディア・ドノバン/演:アリソン・スカグリオッティ/日本語吹き替え:川庄美雪
天才科学者ジョシュアの妹。彼女自身も天才的頭脳を持つ。アーティとは昔からの知り合い。ある事件をきっかけに捜査官となる。未来の倉庫の世話人。

 

ウェアハウス13のあらすじ・ネタバレ・結末

※この先ウェアハウス13のあらすじとネタバレ、結末になります。

ウェアハウス13(前編)

爆破され木っ端微塵になってしまった倉庫、保管されていたパンドラの箱の焼失で世界中から平和が失われてしまったのです。解決策は過去24時間を消し去ることができる遺物「アストロラーデ」の発動でしたが、その遺物を長年守り続けてきた黒ダイヤ騎士団から奪う形となってしまう。

黒ダイヤ騎士団のエイドリアンは遺物を使えば悪を生み出してしまうと必死に説得をします。他に世界を救う手立てがなく、遺物を発動させ世界を救ったアーティーですが、倉庫が破壊されてしまったことは誰にも話せません。

その頃からクローディアに短剣で刺される悪夢を見るようになっていきます。遺物の副作用「悪が生まれる」に関係すると感じたアーティは独自に短剣を探しはじめ、H・Gに短剣捜査とアストロラーデを隠すよう指示するのでした。

サイクスの騒動がひと段落し、クローディアはメトロノームの遺物でスティーブの蘇生計画に動き出します。予想外にも幹部から遺物使用の許可がおり、スティーブを取り戻すことができますが、後に遺物の副作用が発覚し、スティーブが怪我をすればクローディアに痛みが出ると知ります。

もちろん死の可能性も。副作用を消し去る方法探しつつドタバタな日常に戻ると、サイクスが盗んだ遺物の隠し場所が見つかり、空き巣達が遺物をいくつも質屋に売り飛ばしていたから、大変!遺物回収劇が総動員で繰り広げられます。

ようやく回収も済んで、いつものように皆を捜査に向かわせたアーティーは、あのエイドリアンから「盗まれたアストロラーデ」の回収を依頼されます。捜査協力するフリをしていましたが、エイドリアンに遺物を使用したのがアーティーだとバレてしまい、どんな手段を使ってでもアストロラーデの効果取り消しをさせると通告されるのでした。

すぐ後に倉庫から遺物がいくつも盗まれだし、彼の仕業だと知っても、個人的な恨みで行っているだろうから自分で解決すると、心配するみんなを遠ざけます。

けれど、H・Gには誤魔化しがきかず、何があったのか問い詰められるのでした。エイドリアンの足取りを掴もうと騎士団の隠れ家に向かったフレデリックは、遺物の絵の中に閉じ込められているエイドリアンを発見します。

今まで起こっていた盗みなどは全てアーティーの頭の中に生まれた悪が、アーティー自身にやらせていたことだったと判明します。

その時まさに、悪に乗っ取られた彼は全世界の人を死の淵に追いやり、遺物の発動取消をさせようと動き出していました。世界を救ったアーティーの手により世界はまた危機を迎え、仲間達の助けにより世界もアーティーも救われたのでした。

ウェアハウス13(後編)

一難去ってまた一難。今度は不老不死の少年により倉庫内でブロンズにされていた人物が元に戻される事件が。その人物は最強の錬金術師と呼ばれるパラケルスス。

パラケルススによる人体実験で不老不死にされた少年と母が、元の体に戻してもらうために起こした事件でした。

しかし、ブロンズにされていた危険人物だけあって、科学の進歩に犠牲は当たり前と考えるパラケルススに改心の余地はなく、自身の身体を不老不死にして、遺物を使い様々な科学の発展を遂げることだけを望みます。

彼の復活により、現在の世話人フレデリックと過去(第9倉庫)の世話人パラケルススが同時に存在する事で、過去の世話人との繋がりを優先する仕組みが働き、倉庫が異常な動きを見せ始め現世話人フレデリックはみるみる衰弱していきます。

また、その影響で倉庫内のシステムも正常に動いてくれなくなっていきます。

痛みも感じない不老不死の身体を手に入れ、さらにはブロンズ化されないための物質まで手に入れたパラケルススになすすべなく、策を練っている間、ピートはまんまと彼の罠にかかり自由の身にしてしまうのです。

パラケルススは完全に現在の世話人の立場を取り戻し、全員を倉庫から締め出そうと遺物を発動させます。太刀打ちならない状況で逃げるしかないピート達、けれどクローディアは、倉庫が望んでいるから自分はだけは残らなければと、たった1人倉庫内で戦う事を選びます。

過去と現在の世話人・天才錬金術師パラケルススvs未来の世話人・天才ハッカーのクローディア。

ピート達は倉庫の外からクローディアの助けになることができるか…

シーズン6へ続く

ウェアハウス13を見た感想

2度の山場が盛り込まれたシーズンなのに、メンバーそれぞれをクローズアップしたストーリーも満載で嬉しい!

スティーブの元カレ登場やお母さんとの和解、H・Gの一般人としての生活、マイカとクローディアの着物姿、ほんのちょっとだけどマイカ&H・Gの活躍シーンがまた見れて、テンションが上がりまくりのシーズン。

ファン心理を理解してくれているなぁと感じますね。後半ではクローディアの姉が生きているとか、さらっと秘密が明らかにされちゃいます。

目の前にあるパラケススとの戦いより、姉の存在と居場所が気になってしまいましたが、真相は次回のお楽しみですね。

マイカのガン手術や、ピートとの恋愛への発展も気になるところでシーズンを終えているので、これまた次回に期待!

ゲスト出演も前回同様にアンソニー・マイケル・ホール、リンゼイ・ワグナー等、もう海外ドラマファンなら誰しも知っている顔ぶれが登場していますし、ユーリカとのクロスオーバーもあって、色々と楽しませてくれるウェアハウス13。

ぜひシーズン1から見ていただき、ユーリカやアルファズのコラボでも楽しんでいただきたいです。

 

ウェアハウス13の無料動画が見れるサイトはこちら!

今ならU-NEXTで見ると、ウェアハウス13の作品が31日間無料です。

「今すぐ見たい!」という人は無料登録しましょう!♪

>>ウェアハウス13の動画はこちら

 

 

【U-NEXTの評判まとめ】本当に月額サービス利用料金は無料?

-SF海外ドラマ

Copyright© 【海外ドラマ無料サイト】動画で吹き替え・字幕の視聴方法とは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.